top of page

FAQ

​よく聞かれる質問

About

Us Carbon Offsetはどのようなサービスですか?

「Us(アス)」の「明日(アス)」のための、農業発ボランタリーカーボンオフセットサービス。 アス・カーボンオフセットは、国際的な基準を元に確立した独自のカーボンプログラム(Us Offset Program)を運用し、プログラム標準にそって開発された農業プロジェクトを通して高品質なカーボンクレジットを生成し、オフセット目的に販売する地球温暖化対策サービスです。販売されたカーボンクレジットは当社運用のレジストリ上で無効化され、関連情報を公開するとこによって透明性を担保して管理されます。

J-creditとは何が違いますか?

大きく以下の4つの違いがあります。 1.政府主導 / 民間主導 Jクレジットは政府主導の認証制度のことで、当オフセットプログラムは民間主導のオフセットサービスです。プロジェクトの開発からクレジット生成、販売までを一気通貫した総合サービスを提供することによりプロセス効率の最大化を実現します。 2. 農業特化 当オフセットプログラムでは農業分野に特化したプロジェクトのみを扱っており、より付加価値の高いオフセットの提供を目標としています。 3. 国際通用 日本国内だけでなく、国際的に通用するオフセットサービスを目指しています。Jクレジットでは対応できない方法論の開発を進めて行く予定です。 4. 削減量定量化+ 生態学的影響評価 サステナビリティな地球温暖化対策として、排出削減量(短期的影響)と生態系に与える影響(長期的影響)についての追跡を同時に行って行く予定です。それにより、本来あるべき「生態系を保ちながら排出量を削減する」価値を守りつつ、より高品質なクレジットの生成が期待されます。

生態学的影響評価とは何ですか?

地球温暖化対策としての農業プロジェクトは、単純に温室効果ガスの削減/消去だけで完結するものではなく、より複雑に生態系へ影響を与えやすいことが特徴です。 そこで、アスオフセットプログラムの全ての方法論には、それぞれプロジェクトに適切な生態学的影響評価を取り入れ、長期的に地域環境全体に与える影響を追跡していきます。 評価項目は以下の4つに分類します。 ー土壌の保全性 ー生物多様性 ー動物福祉 ー農作物品質

レジストリ(Registry)とは何ですか?

レジストリとは、カーボンクレジット生成から管理、取引による無効化までを追跡し、公開する記録簿です。 Us Offset Programは独自レジストリの運用により、クレジットの透明性を高め、カーボンニュートラルを目指す企業をはじめ、利害関係者がボランタリークレジットに対しての理解を深める事を目指しています。 当社運用のレジストリは、クレジット初生成(2024年)に合わせ、順次オープンする予定です。

for Companies

ボランタリーカーボンクレジットとは?

既存市場の限界を補うために、削減義務のない様々な事業者が自発的に温室効果ガスの削減活動を行って得たカーボンクレジットを意味します。このクレジットは世界で積極的に取引されています。 ボランタリークレジットの利点は、クレジット収益がプロジェクト開発の資金源としてカーボンプロジェクトを継続するためにより好循環な機会を提供することです。 グローバル企業は、自ら設定した目標達成のためにボランタリーカーボンクレジットを積極的に活用しています。例えば、2022年末までにカーボンニュートラルを宣言をしたNetflix社は、2021年基準で約17のプロジェクトを通じて獲得した約150万トンのクレジットで排出量を相殺し、2030年までにカーボンネガティブを宣言したMicrosoft社は2021年基準で約130万トンのボランタリークレジットを購入し、排出量を相殺しました。 Netflix, 2021 ESG Report-E, 18-23p Microsoft, 2021 E-Report, 30p, 100p

クレジット購入によるオフセットはなぜ必要ですか?自社内での削減活動で十分ではないですか?

グローバル企業は、自ら設定した目標達成のためにボランタリーカーボンクレジットを積極的に活用しています。 1. カーボンニュートラル達成のために 自主削減設計に不可欠な要素としてScope1, 2, 3という基準があります。 特にScope3は全てを把握して計画を立てるのが困難と言われています。 企業の自主削減活動だけで減らせる量は限定的で、それぞれの企業が成長目標や可能性までを考慮しながら、すべてを制御しながら、カーボンニュートラルを到達するには大きな困難があります。 2. 付加価値を提供 特に農業クレジットは、単純な削減以外にも地域社会への貢献や、資金調達による持続可能性および技術発展などの付加価値が大きくなります。 3. 脱炭素経済への加速 ボランタリーカーボンクレジットの購入により、脱炭素という新しい経済への移行が加速することが期待されます 2022年末までにカーボンニュートラルを宣言をしたNetflix社は、2021年基準で約17のプロジェクトを通じて獲得した約150万トンのボランタリーカーボンクレジットで排出量を相殺し、2030年までにカーボンネガティブを宣言したMicrosoft社は2021年基準で約130万トンのボランタリーカーボンクレジットを購入し、排出量を相殺しました。 Netflix, 2021 ESG Report-E, 18-23p Microsoft, 2021 E-Report, 30p, 100p

クレジットの販売価格はどうやって決めますか?

クレジットの販売価格は常に変動する外部要因と内部設定基準によって決まります。 ●外部要因(External factors):需要と供給による取引相場、国際気候変動プロトコルと国内規制 ●内部設定(Internal pricing):シャドウプライス、手数料、プロジェクトの難易度や付加価値度(地域貢献度、生態系維持/改善、技術発展への貢献など)

ダブルカウンティングはどうやって防げますか?

カーボンクレジットがオフセット目的に企業(もしくは個人)に売買された後、クレジットは直ぐに無効化され、当社が運用するレジストリにその情報が公開されます。クレジットの無効化により、クレジットの権利を第3者に転送するなどの行為や、クレジットの再販は不可能な状態になります。 当社運用のレジストリは、クレジット初生成(2024年)に合わせ、順次オープンする予定です。

払い戻しは可能ですか?

一度売買が成立したクレジットは、レジストリー上で無効化処理(Retirement)され、払い戻しは不可です。ダブルカウンティング防止のための重要な措置ですので、ご理解をお願いします。

for Farmers

プログラムとプロジェクトの違いは?

プログラムは方法論とプロジェクト実行、クレジット生成、販売までの一連のプロセス全体を定義する基準です。 プロジェクトはプログラムが認める方法論を元に温暖化問題対策としてのプロジェクトを意味します。 オフセットプログラムには複数のプロジェクトが存在します。

報酬はいつ、どうやって受け取りますか?

プロジェクトで削減/消去された温室効果ガス1ton(CO2e)あたり1カーボンクレジットと変換し、そのクレジットをオフセットを希望する企業側に販売します。 企業からの支払い金額から、当社の手数料を差し引いた残りの全額をプロジェクト参加者に支給します。

参加方法は?

参加可能なプロジェクトや開始時期は異なるため、ご興味がありましたら、お問合せください。

契約が終わる前に辞めることは可能ですか?

プロジェクト期間中の中止は、当社が認めるやむを得ない理由がある場合のみ可能ですが、クレジット売買成立後の報酬を受け取る資格は同時に失う事となります。

他の質問がありますか?
bottom of page