top of page
新方法論「農地管理の改善による土壌炭素貯留」をリリース

2023年11月27日

ホワイトマーブル

畑土壌に炭素を貯留する新方法論「UM-DR901 農地管理の改善による土壌炭素貯留 Ver.1.0」を公開しました。これにより、緑肥作物の利用や耕起方法の改善による炭素貯留をクレジット化することが可能になります。

この方法論は、2023年10月12日から10月26日​までの15日間のパブリックコメント期間に各方面から様々なご意見を賜り作成しました。ご意見ありがとうございました。

今後も農業の現場に合った形で洗練してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

公開ページはこちら

bottom of page