top of page
프레임.png

 

Us Program

Program

アスのプログラム

アス・カーボンオフセットは、気候変動対策を目的とした農業分野における炭素の排出削減・除去を推進するカーボンオフセットプログラムを運用します。 プログラムは、農業生産者による炭素排出削減及び除去の活動をクレジット化することで、農業分野から気候変動影響の低減に貢献します。

現在の炭素市場は、主に電力や産業に関連したクレジットの生成に焦点を当てている構造です。
農業カーボンクレジットは比較的新しい概念であり、農業におけるカーボンクレジットの生成は、農業独自の風習と土壌や気候など様々な要素が相互作用するため、単純に国際的な標準を適用するには困難があります。アス・カーボンオフセットは農業現場に最適化されたプログラムおよび方法論を採用しています。

 

アスのプログラムおよび方法論は、国際的な標準とガイドラインに基づいて初期開発されましたが、全国の様々な農業生産者の協力のもと、より効果的で持続可能な内容にアップデートされていきます。

プログラムの原則、手順、規制などについて理解が必要な方は、以下の「プログラムガイド」からご確認いただけます。

Methodologies

アスの方法論

方法論とは、炭素削減努力をカーボンクレジット化するための活動をモニタリングし、削減量を数量化する方法を意味します。
アス・カーボンオフセットは、農業生産者による炭素削減および除去活動を測定し、認証するための方法論を開発して運用しています。 アスの方法論は、国際的に通用される既存の方法論を基盤としますが、対象分野の地域的条件と環境特性を考慮して設計され、改善されています。

また、すべてのアス方法論には、削減および除去量の定量化方法とともに、プロジェクトが対象農地に与える影響をモニタリングするための生態学的影響評価方法が含まれます。 土壌品質、農地に生きる生物相、特に農業の主な目的である生産量といった側面を考慮し、必要に応じて保全措置を取ることができるようにする重要な取り組みです。
このような過程は、農業カーボンクレジットを発行しながらも、プロジェクトによる農業生態系への負の影響を最小限に抑える努力を継続し、農業分野からの気候変動への対応と持続可能な農業経営を両立させる上で重要な役割を果たします。

アースカーボンオフセットにおける方法論の区分は大きく排出削減と除去の二分野に分けられます。

cloud-reduction-u.png

Reduction

​水稲栽培における中干し期間の延長によるメタン発生量の削減 V1.0

cloud-removal-u.png

Removal

​農地管理の改善による土壌炭素貯留 V1.0 

Registry

​アスのレジストリ

アス・レジストリは、アス・プログラムから生成されるクレジットの発行および取引情報を公開する独自で運用の記録システムです。

アス・レジストリには市場参加者を含め、一般の方も情報にアクセスすることが可能です。一般に情報を公開することで、カーボンクレジットのダブルカウンティングを防ぎ、クレジットの透明性と信頼性を高めることが可能となります。

프레임.png
問い合わせ

クレジット購入に関するご質問やプロジェクトについてもっと知りたいですか?お手伝いが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。私たちのチームがお手伝いさせていただきます。

bottom of page