top of page

 

Us Technology :

Scalable carbon projects

through Remote Sensing

衛星やGIS技術を活用し、スケーラブルなカーボンプロジェクトを実現します。獲得したデータは農場現場やモデリングで得られたデータと統合し、大規模なプロジェクトを可能とします。また、モニタリングの透明性、信頼性を向上させる事ができます。

Benefits of Remote Sensing

リモートセンシングの利点

maximize.png

Wide Coverage

広範囲の地理的領域にわたるモニタリングによる包括的な評価

time-left.png

Timely and Continuous

時間制約なしで継続的なデータ収集による効果的な意思決定

price-cut.png

Cost-Effectiveness

現場測定とリモート分析の適切な利用によるモニタリングコストの削減

placeholder.png

Objective and

Independent 

客観的な衛星データを利用し、観測データとの比較分析による信頼性の向上

polygon_edited.png
アス・オフセットプログラムにおけるカーボンプロジェクトの広範なデータを蓄積し、現場測定値及びデータとのマージを通じた信頼性の高いモデルの構築を目指します。それにより、実用的で実現可能な方法論を改善することで、継続可能な気候対策に貢献していきたいと考えています。
MNDWI(red0.3, pur-0.png

Field Boundaries

プロジェクト参加者の基本情報に基づき、GISデータと衛星画像を使用して、プロジェクト対象農地の境界を識別します。 このようなフィールドバウンダリーマッピングで、モニタリングのための空間境界を明確に定義できます。 フィルトバウンダリーデータに、作物の種類、土地使用、土壌類などの関連データと統合して、カーボンプロジェクト向けの包括的な空間データセットを構築します。 この統合データは営農活動の追跡、生態系の健康モニタリングなど、さまざまな分野の評価に活用されます。

MNDWI(red0.3, pur-0.png

Field Analysis

植生指数のモニタリングて植物の成長状態を追跡し、生態系への影響や気候変動対策としての可能性を推定します。 また、植生と土壌分布の区別による砂漠化モニタリング、土壌の水分測定による農場の水管理モニタリングなどを通じて、広範な分野にわたって遠隔でカーボンプロジェクトの健全性と影響を総合的に評価します。

bottom of page